Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
New Entries
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
森と水の碑
0
     


    星野は昭和25年の入植当時、水源に近いという理由で、安全な場所よりマラリヤの蔓延するファーナン川近くに集落形成することを選択しました。
    それ以来、水源の確保は集落の最重要課題として取り組まれてきました。
    アメリカ軍・琉球民政府に何度も陳情した結果、その努力が認められ9年後の昭和34年に米国民からの心温まる贈り物として、キャラウェイ高等弁務官より資金4500ドルをいただき、簡易水道設備の整備するに至りました。


    それまでは、川まで水を汲みに行き、重い水の入った一斗缶2個を持って帰ったりして苦労したそうです。洗濯や入浴も川まで行ってやっていたそうです。
    その苦労と水に対する感謝の気持ちを忘れないためにも、記念碑を作りました。
    posted by: 石垣島 人魚の里 星野 | - | 21:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://hoshinoblog.isigaki.info/trackback/15
    トラックバック